感謝の気持ちを大切に


by fujipop
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2011年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

バイト先にスタージュにきていた日本人女性が今日帰国した。
彼女が去った厨房はなんか明るさにかけていた。
もともと彼女は、夫の親友の妹さんの知り合いで
夫の店に来店されたのがきっかけで、
コルドンブルーで勉強したのち、縁あって
私のバイト先でスタージュをすることになった。
彼女の実家は、御菓子屋さん
神戸の「ケーキハウス・ショウタニ」。
この店の看板商品「庄谷の和の心」は本当に美味しい。

f0224163_229689.jpg


本年5月にオープン予定のJR伊勢丹大阪に出店するそうです。
ギフトでヒットしそうな予感♪
この、クッキーは袋から出して後から和三盆をまぶすんですが・・・実に美味い!
オンラインでも購入できるようです。

ケーキハウス・ショウタニ
http://www.shotani.com
[PR]
by fujipop | 2011-03-31 22:16 | フランス料理

アレルギーでしょうか?

日本の震災後、パリの気温が急にあがる日があり
私は、天気の良い日と週末はバイトに忙殺される。
慣れないバーテンダーの仕事は言葉の壁に凹みながらもこの夏で約1年になる。
神奈川に住む義妹が、この震災後パートを干されており
異国で、言葉もできない40代未経験者が
仕事にありつけただけ本当にありがたい。
お給料は少ないけど頑張ります。
そして、最近の悩みは・・・・・
季節の変わり目だからなのか、湿疹がでてしまったのです
もともと肌が弱く、昨年末の大寒波では顔がかぶれてしまうなど
あったのですが、今度は「内腿」なんです。
多分、急に暑くなり、バイトに入り、バイト先でもくもくと動き続けて
内股の腿の一番やわらかい部分がズボンの中で擦れて
かぶれてしまったと思われ、「股ずれならぬ腿ずれ」となっています。
自宅で風呂に入ろうと思って、ズボンをぬいでびっくり仰天。
内腿が・・・・斑点だらけ・・・キャー助けて!!
今週末のパリは20℃を超すらしい・・・・(怖)。
[PR]
by fujipop | 2011-03-31 21:55 | 仕事

唯一の明るい話題

先日、夫の知人の日本人シェフが独立し
フレンチレストランをオープンしました。
最近の唯一の明るい話題です。
さっそく、日曜日に家族(もちろん愛犬も一緒)で
ディナーに伺いました。
シェフと奥様(元パティシエ)が二人三脚で運営するレストランは
お店の内装などなども手作りのステキなお店です。
そして、お料理も美味しい!そして、リーズナブル!
元パティシエの奥様手作りの焼き菓子や
デセールも美味しいんです。
(私は、スフレメゾンが気に入りました)
場所は、人気レストラン「ラシエット」の真ん前です。

Restaurant KIGAWA
186 rue du Chateau 75014 Paris FRANCE
営業時間 12:00 - 14:30 / 19:00 - 22:30
定休日  月の夜
Tel : +33 (0)1 43 35 31 61
URL: http://kigawa.fr
 (現在作成中)
[PR]
by fujipop | 2011-03-29 22:07 | フランス料理
私の亡き祖父は戦争体験者。
ボルネオ島から帰国できた強運の持ち主であった
私は、生まれたときから、祖父と多くの時間を共にし
私が4歳(祖父が60歳)でなくなるまでに多くの事を学んだ。
例えば、当たり前の事ですが

「食べ物を無駄にしてはいけない」

具体的には、
①食べないものにはてをつけず、食べたい人に差し上げる。
 (もちろん、手をつける前に)

②手をつけたものは完食する。
 
③ごはんつぶは残さない

例えば、これだけでも、みんなが実践すれば無駄がなくなる。
ランチのご飯も、あらかじめ「少なくしてください」とお願いしたり
沢山食べる同僚に食べてもらうなどできるはず。

現在、我が家は夫婦二人暮らし。
しかも、夫はシェフなので平日はほとんど一人ごはん。
先週末は、夫が自宅で「鶏の丸焼き」を作ってくれた。
翌日は、その骨でスープをとり、鳥雑炊やポタージュスープに変身する。
自炊は楽しい。そして、食材を無駄なく活用し
美味しいご飯に変身した時の充実感は素晴らしい。
でも一人だから誰も褒めてくれない・・・(笑)
こんな時だからこそ、自炊を見直そう!!

☆友人で料理研究家の川越直子先生が
 エコレシピを紹介しています。

http://blog.s-rouge.com/
[PR]
by fujipop | 2011-03-21 22:29 | うちごはん
私の尊敬する元上司はヨットマン。
現在は、会社を定年退職し
日々の出来事をブログに書いてらっしゃる。
今回、この震災が起きて、一番にチェックしたのはこの元上司のブログ。
部下としてお仕えしていた時から、間違った事は絶対に言わない人でした。

☆ヨットマンから防災の知識を学ぼう!
 真太郎航海日誌

http://blogs.yahoo.co.jp/miya20101019
[PR]
by fujipop | 2011-03-21 21:56 | 病院
フランス赤十字が日本への寄附を募っています。
詳細は下記サイトをご覧ださい。

https://www.croix-rouge.fr/Je-donne/Don-ponctuel?elk_dc_id=165
[PR]
by fujipop | 2011-03-17 18:06 | 仕事
私の大好きなANAのサイトで”義援マイル”の受付が始まります。
ツイッターで、「ドコモポイントなどで寄附できるといい」とのつぶやきを見て
もしやマイルでも・・・と思って確認したらHPで申し込みができるようです。
海外在住なので、信頼できる日本の企業にお願いできるし
たまったマイルで応援ができるんです。

①ANA=1,000マイルからHPで申し込みが可能

https://www.ana.co.jp/amc/news/info/gien_1103/

②JAL=7,500マイルを一口として、
日本国内はHPで受付
海外在住者は各国の営業所で電話受付
フランス→0810-747-777

夫婦でマイルがちょうど一口分残っていたので寄附しました。
少なくてすみません。
[PR]
by fujipop | 2011-03-16 01:22 | 仕事
一時帰国後、今日がバイト復帰の初日となった。
職場の仲間はみなフランス人。
それぞれが、日本の家族は大丈夫か?と心配してくれる。
我が家の大家さん、とコンシェルジュのおばさん、
夫の店の近所の人達、お取引先の業者さんもお見舞いの電話をくれたそうな
そして、旅先のニューヨークから電話くれたマダム。。。感涙。
サル○○さんが興味を示さなくても、心配してくれています。
これが、シラ○さんだったら対応はかなり違ったことでしょう。
海外在住で何もできない、でも東京にいてもきっと何もできなかったと思う。

私は2年前に会社を辞めたのち、自分にもできる社会貢献として
「献血」に参加していた。
健康だけが取り柄の自分にもできると思ったから。
でも、今はそれもできない。

こんなとき、無宗教の私も教会へ行ったりするのです。
こんなときばかり本当に神様ごめんなさい。
[PR]
by fujipop | 2011-03-15 04:00 | 仕事
昨日、病院の検査結果を電話で聞くため
板橋区内の病院へ電話した。
すると先生が、電話に出るなり
「この電話どこからかけてますか?今、大きな地震があって
 電話も携帯も全てダウンしているのに、この電話がつながったのは奇跡だよ」って
そういえば、電話をかけた時に変なアナウンスが流れた
「おかけになった地域は、電話が混みあっているためかかりにくくなっています。」って
あれ?その昔、コンサートチケットを電話予約した際に聞いたことのあるようなアナウンス。
なんだろう?番号間違えたのかな?
と再度電話したら、つながり、先生から地震の知らせを受けました。
そして、ネットでニュースを検索・・・でも、地震があったくらいの情報しかない。
速攻で、板橋区内の実家に電話するとすぐにつながり、実家の家族は皆無事との事。
そして、あわてて夫の実家にも電話するが・・・中央区はまったくつながらない。
半日ほど経過し、夫の家族も無事との確認がとれましたが
その地震の被害をネットでみて茫然。
成田→パリの機内で見たイーストウッドの「ヒア・アフター」の
オープニング場面よりも悲惨。
フランスのニュースでも報道され、お隣の大家さん(フランス人)はお見舞いの手紙をくださり
マンションのコンシェルジュのおばさんは部屋まで様子を聞きに来てくれました。
今日は、パリでも一日中、日本の地震のニュースが放映されています。
何か自分にもできることないのかな?
とりいそぎ、一人暮らしの母に毎日電話しようと思います。
後輩がブログに、「節電する」って書いてあった。
えらい!!
私も、住んでいる国は違うけど、省エネします。
[PR]
by fujipop | 2011-03-13 00:41 | 病院

母と一緒に引きこもり

実家の母が卵巣のうほうの手術をするので
先月末から、10日間ほど帰国していました。
成田空港から病院へ直行し、すでに手術を終えて数日経過していた母は
思いのほか元気で、半年ぶりに会った私への第一声は
「あら?髪型変よ!」だって(笑)。よかった。元気じゃん。

その後、順調に回復した母は予定よりも早く退院。
心配なのは、退院後の自宅療養なのだ。
それが心配で帰国したので、今回はどこへも行かずに
自宅で母と一緒に「引きこもり」。
すっかり食欲も衰えていた母は、
夫の実家からいただいた「ちらし鮨」をきっかけに食欲が回復。
(やはり、美味しいものは人を幸せにするんですね。)
私が、パリへ戻った後は一人になってしまうので
一緒にいる間に、母の好きなイーストウッドの映画を一緒に鑑賞し
「24」に続く、母のはまりそうな「連ドラ」を紹介した。
パリで我が家がはまっている「クリミナルマインド」。
作戦成功!どうやら気にいったようだ。
テレビ朝日で深夜に放送しているので、毎週録画して楽しむと喜んでくれました。

そして、私は一日だけ外出。
新宿で後輩と大好物の「天春の天丼ランチ」を堪能し、伊勢丹へ。
半年ぶりなのに結構変わっていました。私はすでに浦島太郎・・・。
株主優待券をフル活用し、デパ地下で日本の食材を大人買い。
お気に入りのだしパック(お徳用)を3パックも購入してしまいました。
f0224163_172642.jpg
[PR]
by fujipop | 2011-03-11 16:34 | 病院