感謝の気持ちを大切に


by fujipop
カレンダー

<   2010年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

今週も毎日黒服バイトに奮闘中。
昨日から、マイ・アイドル「ブルノー君19歳」がヴァカンスに入ってしまい
モチベーションが上がらないfujipopです。(アホか)
でも、今朝も昼からラントレコートのステーキ賄いを食べて頑張ってきました。
それにしても、フランス人は本当にヴァカンス好き。
お店は最繁忙期のためバイトで増員しているのに
お偉いさんは、ヴァカンスでどんどん減って行く・・・。
でも、毎日超満席。仕事は増える一方なんですけど(汗)。
こんな状態は、I社では考えられない。
最繁忙期は「連休取得除外週」に指定され、その期間にどうしても
休みたいなどと発言すれば「非国民」とされるであろう(笑)。
こんな事を書いている私も8月1日(日)から15日(日)まで日本へ帰国します。
大丈夫かな?みんな・・・・。
[PR]
by fujipop | 2010-07-30 23:22 | ヴァカンス
土曜日は5日ぶりにバイトがお休みでした。
慣れない長時間の立ち仕事で足はパンパン+全身疲労状態。
夫と土曜日恒例の自宅前マルシェで買い物をし
夫の出勤時間まで自宅でのんびり・・・。
夫の出勤後、今日はこのまま、自宅で一日ぐったりしそうな予感。
と思ったことろへ友人のSさんから電話が・・・。
ブログを更新していなかった私を心配して電話をくれたんです。(涙)
そして、スーパーキャリアウーマンHさん宅でのアペにも
お誘いいただき、づうづうしくも参加してしまいました。
以前にもブログで「ベルサイユ宮殿みたい」と書いたHさんのご自宅。
ご自宅も素晴らしいけど、集まった仲間もまた素晴らしい。
みんなスーパーキャリアウーマン。
なのに、なぜか主婦の私も誘っていただいていいのかしら?
と思いながらも楽しいから行ってしまうのだ。
おいしいワインと手料理の数々・・・訪れるたびに料理上手になってる!
(私も頑張ろう!)
そして、スーパーキャリアウーマンなのに皆サンパ。
Hさんの気づかいも素晴らしい。
本当に勉強になった一日でした。
次回は、ちゃんと手料理持参で伺います。
Hさん、本当にご馳走様でした。
そして、誘ってくれたSさんもいつもありがとうございます。
感謝、感謝です。
明日から、また、黒服バイト頑張ります。
[PR]
by fujipop | 2010-07-27 05:50 | うちごはん
先々週から始めた黒服バイト。
週ごとに昇格し、とうとう今週から「常勤」になった。
今までと何が違うかというと

①給与:日払い→月〆払い
②チップがもらえる
③実労働時間は一日11時間(法的に大丈夫?)

そして、金曜日に初めてチップ(サービススタッフで分ける)をもらった。
自宅に帰り、封筒を開けてみてびっくり!
「これ、一週間分ですか??(喜)」とそのまま義父の仏壇へお供え。
チョー嬉しい。来週も頑張ろう!

言葉もできない私が「常勤」になれたのも、もちろんみんなのおかげです。
コネで入れてくれた、義兄はもちろん。
言葉ができない私に、英語で仕事を教えてくれた、パコ。
細かい仕事は、簡単な仏語で動作を交えて教えてくれるマキシマ。
難しいオーダーを間違えずにこなすとそのたび「すごい」と褒めてくれるレンカ。
手を切ってしまったら氷で冷やしてくれたマイ・アイドル、ブルノー君。
そして、偉い人3人はいつも「大丈夫か?」と声をかけてくれました。
オーダーも、一度ではなかなか聞き取りにくいため、
「fujipop、・・・・・・・SVP(シルブプレ)!」と、
必ず私の名前を呼んでゆっくりオーダーしてくれます(感謝)。

話は変わりますが、先日「言葉ができないからこそ役立った」事があった。
いわゆる「困ったお客さま」は予約もせず、満席で大パニック中の店に来て
営業していない席の一角を指さし「ここで食べたい」と無理やり乱入した。
そのビジネスマンは一人でグラスワインと料理をオーダー。
(もちろん、営業していない場所なので担当のサービスはいません。)
そして、グラスワインをこぼしたらしく、大混雑中のサービスを呼びとめては

①ワインをこぼしたから床を拭け
②パンにもワインをこぼしたからパンを代えろ
③こぼした分のワインを注げ
(こぼした自分が悪いんでしょ?)

など、何度も何度も大忙しの真っ最中にサービスを呼ぶ。
そして、キレたサービス長が「fujipop行け!」とウィンク。
こぼしてしまった、ワインと同じ銘柄のボトルを持って私が参上
にっこり笑って、たっぷりワインをサービス。
「むにょむにょむにょ・・・・。」まだ、なんか言ってる。
でも、通じないもんね私には。
どうやら諦めたようだった。
上司の作戦は大成功。
「fujipop,good job!」とウィンクしてもらった。
どこにでもいるもんだ、嫌な奴。
日本でも感じていたことだけど
「人は性格が顔に現れる」
これは、海外でも共通。
一緒に働く仲間も、そしてお客さまも、
「嫌なヤツ」はやっぱり顔に出てる(笑)。
[PR]
by fujipop | 2010-07-25 18:07 | フランス料理
先週の日曜日もマレのカフェへ行き店主のおじいちゃんに
店の住所と名前を教えてもらっていたにもかかわらず
ブログを更新できず申し訳ありませんでした。
実は、黒服バイトがとうとう今週から常勤になってしまい
勤務時間がなんと
10:00~15:00と18:00~24:00
(3時間は一度自宅に帰ります)
という、一日11時間の勤務を週に5日間。
帰宅して、寝るのは1時半過ぎ・・・ブログを更新する元気はありませんでした。
へたれでごめんなさい。

☆マレのカフェ
Royal Bar
19,rue du Parc Royal
01 42 72 33 03
優しい顔のおじいちゃんが一人できりもりしています。
私はこの店の「タルトシトロン」が大好きです。

f0224163_23104439.jpg
[PR]
by fujipop | 2010-07-24 23:03 | フランス料理

ユニクロ・オペラ店

昨日は、ようやくバイトがお休みだった。
予想外にバイトが多くなってしまったため
黒服の洗濯が間に合わなくなってきた。
そのため、ひさびさのユニクロ・オペラ店へ。
オペラは、ソルドとユーロ安の観光客とで大混雑。
そして、ユニクロも予想通りの大混雑。
やはり、ユニクロは平日に限りますね。
以前よりも、男性客が増えたように感じました。
大混雑の中、短時間の目的買いでスタイルアップシリーズの黒パンツをGET。
ついでに、となりのネスプレッソショップでコーピーのカセットを購入しようと
思って店内に入ったら、こちらも大混雑。
そそくさと帰宅したのでした。
[PR]
by fujipop | 2010-07-18 17:00 | お買いもの

日本人は若い♪

今週は、結局、月曜日から金曜日までバイトをしていた。
2日間だけの助っ人のはずが、もう一週間になり、
さらに来週もスケジュールに入れてもらえた。
言葉もできない私に仕事をくれたお礼として、
手があいた時には、徹底的に掃除を行っていたご褒美かな?
慣れない仕事と言葉の通じない緊張感でかなり疲労したけど
やはり、忙しくしているほうが貧乏症の私にはあっているようです。
バイトも一週間たつとスタッフが仲良くしてくれるようになり
ピヨピヨの仏語で会話をしたりします。
昨夜は、「何歳ですか?」という話題で盛り上がった。
私好みのヤングマン・ブルノー君(仏人)は、19歳。
かわいい笑顔でいつも、ビズしてくれます。
サービス担当なのに、いつもボールペンを忘れて
「fujipop、ボールペン持ってる?」って、貸しても帰ってこないけど
ハンサムだから何度も貸してしまうのだ。(セクハラおばちゃんだ)
「fujipopiはいくつなの?」と聞かれたので、正直に答えたところ
「え!!!!!!!!」ということになり
厨房の17歳のスタッフを連れてきて、「fujipopは○○歳だって!!」とバラした。
17歳の子供に「品定め」されて、「俺、大丈夫だよ!」って何が(笑)?
そして、日本人はどうして、みんな若く見えるんだろうという話で盛り上がった。(喜)
そういえば、I社で、若手AB君に「入社何年目?」と聞かれて「20年以上です」と答えたら
「fujipopさん中卒疑惑」と笑い話になったことがあった。(喜)
[PR]
by fujipop | 2010-07-17 17:15 | Beauty
7月14日(水)は革命記念日。
夫の店もお休みなので、夫はお店のスタッフとパレロワイヤルでランチ。
私は、この夜、予約で超満席となったこの店でバイトのため不参加し、自宅で体力温存。
フランスでは祝日は基本的にお店やレストランなどはお休みする所が多いので
昨夜は予約で超満員のうえ、さらに予約していないお客様もお見えになりお店は大繁盛。
そして、私は大パニック。
なんちゃってバーテンダーとしては、
「お願いだから難しいカクテルとカフェのオーダーがきませんように(祈)・・・」。
たまたま、ご予約なしのご夫妻の奥様が日本人で席が空くまでバーカウンターで待機。
その間に、少しお話をして
「日本人なのに、この店で働いているなんて凄い!お酒の専門家なの?」と質問され絶句。
まさか「主婦のバイト」だなんて、ホントの事は言えませんが嘘もつけないし・・
「お酒の専門家ではないですよ(微笑)」とその場をしのぎました。
(でも、そう見えたのが嬉しかったりもした。小奇麗にして頑張ろう!)

昨夜はお掃除を担当するマレ人君と、初めてディナーのセッティング準備を一緒に行った。
彼は、やはり「アフリカ人」らしく仕事がとってもゆっくり。
そして、「言葉が通じるにもかかわらず、仕事の指示が通じない」ことがわかった。
まわりのスタッフの表情からも彼が「困ったちゃん」であることがわかってしまった。
でも、私は彼に感謝したい。申し訳ないけど
彼のような人がいるから、私のような主婦が働かせてもらえるんですねきっと。
だから、自分だけは彼に優しくしてあげようと思ったのでした。
[PR]
by fujipop | 2010-07-15 18:34 | フランス料理

人種差別?

Parisに住み始めてから少しづつ感じていたけど
バイトをしてからさらに感じる「人種差別」。
日本にいると感じなかったけど、やはり黒人への差別はあると思う。
Parisで主婦生活をしていても、公共施設のトイレ掃除は黒人。
(都心の有料トイレは例外ですが)
トイレ以外でも、掃除=黒人、警備員=黒人のイメージが定着していた。
そして、自分もアルバイトを始めたのですが、
私は義兄のコネで働いているので、履歴書の提出もなし。即採用となった。
この店でも、掃除や皿洗いは黒人の仕事。お客さまから見える場所には出ない。
その中で、言葉もほとんどできない私にできる仕事って?私も皿洗いか掃除かな?と
想像しながら行ってみると、「バーカウンターで飲み物を作ってね」と
え?店頭勤務していいんですか?ここは、パレロワイヤルで私は日本人ですけど・・・。
ビジュアル的にもいいんですかね?アジア人を人前に出して???
と実際に働き始めて、最初は2日間だけの助っ人のはずが、ほぼ連日勤務になった。
実際にお客さまに接してみて、アジア人でも日本人のイメージは良いらしく
中国人と思ってそっけなかった紳士が日本人とわかった瞬間にサンパになったり
一緒に働く若者からも「マンガ、ドラゴンボール=日本」とイメージは高い。
ドラゴンボールはテレビでも放映しているらしく、厨房で働くマレ人君が
素晴らしい発音で「おはよう」「じゃあね」「またね」などと声をかけてくれます。
麻生元総理は批判されていたけど、日本のマンガは海外でヒットしています。本当です。
[PR]
by fujipop | 2010-07-14 20:15 | 仕事

マレのカフェ

我が家のお気に入りで、ブログでもたびたび紹介しているマレのカフェ。
この店、実は日本の雑誌にも紹介されたお店で雑誌の記事が店に飾ってありました。
店主のサンパなおじいちゃん(ごめんなさい)がこの場所で何十年も経営しているそうな。
この場所はピカソ美術館からも近く、ピカソのお嬢さんから教わったというレシピが
日曜日に私が飲んだカクテル・フルーツ。
この店、パリでは珍しく「アイス」ものが得意で、氷と一緒にミキサーでシェイクした
ジュースやカフェなどが美味しいのです。
また、この店の「タルト・シトロン」が美味しい。有名パティシエが作るものとは異なりますが
ほっとする素朴な味。おじいちゃんのお友達が毎日焼いてくれているそうです。
(タルトシトロン・タルトショコラはこの店の定番メニュー。)
場所も、マレのカルヴァナレ館の裏の穴場なので、ちょっと一息&トイレ休憩には最高。
なのに店主のおじいちゃんは商売気がなく、店のカルトもないのです。
今度、店の名前と住所をおじいちゃんに聞いて、必ずブログに掲載しますのでお楽しみに♪
f0224163_17583492.jpg















今夜もバイトです。パレロワイヤル内にある、レストランでバイトしているのですが
この店、実はハリウッドセレブ御用達。先日は「Mr.ダイハード」さんも見えたそうな。
私は、まだ誰にも会ってないけど。できれば、キアヌー・リーブスに会いたいな♪
[PR]
by fujipop | 2010-07-13 17:55 | フランス料理

夏バテに鴨♪

今週は猛暑のため私も夫も夏バテ。
食欲もなく、作る気力もなく、冷やし納豆そばや冷やっこなどで過ごしていた。
こんなときは、赤い肉を食べたほうがよいということで久しぶりに
トゥール・ダルジャンのお隣り、「LA ROTISSERIE DU BEAUJOLAIS」へ。
白髪の年配マダムが一人で鴨を食べにくるそんなステキなお店です。
なんでも、鴨の仕入れは超高級店Tと同じ業者らしいとの噂です。
美味しかった。

LA ROTISSERIE DU BEAUJOLAIS
79 quai de la Tournelle 75005 Paris
tel 01 43 54 17 437☆要予約(仏語)
メトロ①St-Paulから徒歩。セーヌ川沿いです。

☆おつまみは「ラディッシュ」バターをつけていただきます。
f0224163_544580.jpg















☆私の前菜「トマトとタプナードとアンチョビのサラダ」
f0224163_55636.jpg















☆夫の前菜「ウサギのテリーヌ」
f0224163_553069.jpg















☆冷えた「サンセール・ブラン」
f0224163_555738.jpg




















☆メインの鴨(胸はセリーズソースでいただきました)
f0224163_563443.jpg















☆鴨の足はローストのまま塩味でいただきました。
f0224163_565824.jpg















☆帰りに寄り道。いつものマレのカフェにて「フルーツカクテル」「アイスカフェオレ」
f0224163_5153671.jpg
[PR]
by fujipop | 2010-07-12 05:18 | フランス料理